相談事例 マンションを買う場合をシミュレーションしたい

ベターライフスクエアです。

今回のご相談はこれから住む場所を検討中の方からのご相談です。

相談事例その18

相談者Rさん

Rさんは現在会社員の40代です。勤め先の関係で全国ではないものの異動が多く、今まで賃貸で住んでいました。

異動があっても今後はある程度勤務地が決まっているので「自分の家がほしいな」と思いはじめました。

どんなふうに考えていけばいいか、もし目の前に欲しいと思ったマンションが出てきたときにどういう心構えがあるといいのか、そのための貯金はどのくらいしておけば安心か?相談に来られました。

・自分にとって便利な場所のイメージはどういうエリアがいいのか?考えていただきました。

・現在の収入、勤務年数、預貯金額などから返済可能な<住まいの価格>をお伝えしました。

・賃貸の場合、持ち家の場合のいいところ、よくないところをお伝えしました。

・消費税アップによる心配をされていたので、本当に住みたいマンションが出ていない限り慌てる必要はないのではないかというお話も付け加えました。

・住宅ローン控除をフル活用できる物件の条件をお伝えしました。

・貯金から頭金を出すかどうか、頭金をあまり使わず殆どローンでもいいのか?その場合の住宅ローン控除の予定などを想定し見える化を行いました。

頭金についてはシミュレーションをして預貯金のペースがすぐに戻るようだったので、住宅ローン控除も本人の希望に近い内容を活用しつつ頭金も預貯金からねん出しよう!ということになりました。

ここで大事なのは<買える価格><融資可能な価格>ではなく<返済可能な住まいの価格>にすることです。会社にお勤めで収入が十分であっても住まいの費用ばかりに支出を増やしてしまわないよう、全体のお金の流れを見てみるのは大事なことです。

マンションの場合、管理費がかかります。住宅ローンが終わっても永遠に続きます。マンションの管理にかかる費用は長期でシミュレーションされていないと、自分が住んでいる間に管理費に対する必要なメンテナンスが万全にできない可能性が出てきます。

例えばタワーマンションは駅に近くとても快適かもしれませんが、何十年も先のメンテナンスを考えればいつかは全面的な改修を迎えるはずです。「そうなる前に売ってしまう」という選択もあるかもしれませんが、長い間住むということはそういった大きな出来事も選択肢に含めておく必要はあると思います。

マンションという住まいは全住民の意見によって管理されていきます。マンションは<管理費が肝>といってもいいと思います。管理費の目安は平米辺りいくらというのもあり、今後購入する場合の参考にしていただくことにしました。

住宅選び&取得サポートパック