営業時間10:00~18:00(火曜 休)

ブログ

NISAやiDeCoで資産運用 いくら必要 いつまでに必要

NISA(ニーサ)やiDeCo(イデコ)で資産運用をはじめよう

 

「未来のお金を準備するために資産運用をしよう」と思ったら、なにからはじめたらいいか考えてみましょう。

こんな方におすすめ

  • NISA(ニーサ)やiDeCo(イデコ)は利用したい
  • どの投資商品を選べばいいか基準がわからない
  • よく見る銀行や証券会社に口座開設をしてみようか
  • SNSで公表してる人の投資結果を見てると「これでふやせる」と思ってしまう
  • 中長期でふやしていきたい

 

まず目標設定から

 

どの段階であっても、資産運用を始める前に考えることがあります。

 

それは「目標設定」です。

行動力が高い人が資産運用をはじめても、どの方向に向かっているか定まっていなければ成果に現れません。

全く行動できない人の場合も、何らかの目標がなければ進んでいくことは難しいです。

 

・遠く(長期)の目標設定

・目の前(短期)の目標設定

 

がありますが、まず遠くの目標設定を行います。遠くの成果があなたの最終的なゴールになるからです。

 

いくら必要なのか

「何となく1000万円かな」

「年金2000万円問題」

「いや3000万円はないと不安」

など、金額のめどはついているでしょうか?

ぼんやりと「1000万円かな」「5000万円かな」と考えていると、実現が難しい資産運用計画になります。

以下の2つを確認することで、実現しやすい金額に近づいていきます。取り組んでみましょう。

 

国の年金で受取予想額を確認する

 

誕生日のある月に毎年届く「ねんきん定期便」を見て金額の確認をしたり

ねんきんネットでより詳細な情報を見てみるようにしましょう。

 

未来のため貯金や保険を探す

 

「老後という未来のお金」として準備しているものはあるでしょうか。ここからはあなたのための宝探しです。

財形年金、一般財形、社内預金、個人年金保険、社内の確定拠出年金など、ひとまとめにしてみましょう。

意外と貯められているなと感じる人もいるかもしれません。自動的に貯め続けた成果がこのような機会に巡り合えます。

確定拠出年金は現在の資産内容を把握しておきましょう。見方が分からなければ、コールセンターなどが備えられているので聞いてみましょう。

 

 

いつまでに必要なのか

 

現在40歳であればいつまでに準備したいでしょうか?20年後なら60歳。25年後なら65歳です。

参考までですが、国の年金は「受取る年齢をもっと後ろに延ばしてもいいですよ」という流れになっています。

 

期間が長ければその分余裕があります。

期間が短ければ、いろいろな工夫をしていく必要も生じます。

 

目標が決まったらシミュレーション

 

「いつまでに」「いくら」が定まったら、シミュレーションしてみましょう。

参考になるのが金融庁のNISA専用ホームぺーージです。

 

ここでシミュレーションができます。

 

(金融庁 ホームページ内 資産運用シミュレーション)

https://www.fsa.go.jp/policy/nisa2/moneyplan_sim/index.html

 

ここで「毎月いくら積み立てる」を選んでみましょう。

 

ここのボタンです。

 

 

先ほど考えた「いつまでに必要」を入れます。

15年であれば、「積立期間」のところからスクロールして「15」を選びます。

次に、同じく先ほど考えた「いくら必要」を入れます。

1500万円であれば、「目標金額」のところに「1500」と入れます。

真ん中にある「想定利回り」はまず初めは適当に入れてみてください。今回は3%にしておきます。

「計算する」ボタンを入れると毎月積立金額が「66,087円」となります。

 

このような画面です。

 

 

これが、15年後に1500万円準備したい場合の
「毎月積立金額」と「想定利回り」になります。

 

 

ここまでどうですか~?

 

 

シミュレーションが現実的ではない場合

 

もし、現実的な毎月積立金額が出た場合は次に想定利回りを構成するための運用商品選びに進みます。

これについては別のところでご紹介します。

 

思ってたより毎月の積立金額が多くなってます。

 

年単位でも現実的に難しければ、先に普段のお金について収支見直しからはじめた方がいいですよ。

 

 

想定利回りを上げる

資産運用をするための運用商品選びの際、値動きの幅がより広く(リスクがより高めに)なります。

より増える可能性もありますが、下がる可能性もあります。

 

 

目標期間を延ばす

15年であった期間をより長めにします。

これによって、毎月積立金額が少なくなる、想定利回りが低くできるなどの効果があります。

期間を延ばすと生じる空白期間に働く機会を増やすなども同時に行います。

 

 

毎月積立金額を増やす

66,087円の積立金額よりも多く積立をします。

これによって目標期間を延ばさなくて済みます。年単位での収支状態によっては、「家計の支出見直し」を同時に行わないと難しい場合もあります。

 

 

目標金額を減らす

目標金額を減らせば、毎月の積立金額も、積立期間も買えなくてすみます。その代わり予定している金額に届かないため元気なうちに収入を増やす機会をつくる、家計の収支を見直すなどを同時に行う必要があります。

 

 

 

目標設定をすることは簡単ではありませんが、このように役立つシミュレーションが紹介されています。

NISA向けではありますが、目標設定をするのにも役立ちます。ぜひ活用してみましょう。

Copyright© ベターライフスクエア , 2020 All Rights Reserved.