営業時間10:00~18:00(火曜 休)

ブログ

はじめて銀行口座を選ぶなら 2020年版

はじめて銀行口座を選ぶなら

 

誰もが働くようになると銀行口座を持ちます。

ライフスタイルが変わると銀行口座も増え、人生の後半になると再び整理をします。

銀行を選ぶときのきっかけや、これから選ぶときのポイントについて説明します。

 

きっかけは3つ

 

口座を作ったきっかけは

・アルバイトや就職

・フリマの入金

・家族がすでに作っていた

などがあります。

 

働いた給料が入る場合、会社側の手間や手数料を考えると「この銀行で」と言われることもあります。

自分が引き出す場合を考え、ATMが近くにあるという理由で選んでいることも多いようです。

フリマがきっかけで口座をつくる場合はネット専業の銀行が多いかもしれませんね。

また、銀行ではインターネットで開設手続きの書類を申し込むこともできますが、口座開設には窓口に行くという経験も貴重です。

家族とともに窓口に行く、というのは独り立ちとして心に残ることもあるでしょう。

 

複数口座になるきっかけ

銀行口座が2つ以上になるのは、どんなきっかけが考えられるでしょうか。

 

大きな契約をしたとき

ライフスタイルが変わると銀行口座が増えていきます。

例えば、転職により銀行が変わる場合、銀行が同じでも支店が違うこともあります。

事業ローン、住宅ローン、キャンペーンを通じて銀行口座が増える場合があります。

これらは、ライフスタイルの変化がきっかけで増えていく場合です。

 

自分で考えたとき

 

自らの意志で増やしていく場合もあります。

1つはペイオフ対策です。

銀行が経営破綻した場合、預金口座1人につき元本1000万円と利息について保護されます。支店で複数ある場合はまとめた結果の合計額となります。

1000万円超であっても戻ってこないというわけではありませんが、減らされる可能性があるため銀行を分けるようになります。

2つめは、手数料サービスや利便性を重視する目的があります。具体的には近くにあるATMの引き出し手数料、振込手数料、その利用回数で選んでいます。

3つめは資産形成としてイデコやNISA、つみたてNISAがきっかけの場合があります。2つめと3つめは主にインターネット専業の銀行が利用されやすいです。

 

銀行口座をはじめてつくったきっかけから複数口座になるまでを紹介しました。

経営が維持できるよう、長く続けられるよう変化を受け入れ、独自サービスを考えるなど工夫をしている銀行、いまだ後進の状況の銀行があります。銀行も取引内容ごとに提供するサービス内容を変えてきています。口座開設をする前に、利便性、手数料などのサービス内容、サービス内容をより優遇してもらうにはどんなことが必要かなど事前に確認し、そのうえで銀行選びを進めてみましょう。

 

 

 

Copyright© ベターライフスクエア , 2020 All Rights Reserved.