営業時間10:00~18:00(火曜 休)

ブログ

シングルの年金 遺族年金について

老後のためだけではない 国の年金制度を知ろう

国民年金や厚生年金を払っていれば
老齢年金、つまり老後のお金をおさえられていると考えられている制度になります。

実は老後のお金として払っている以外に、
年金としての役割がある制度となっています。

しかし、払っている本人や受け取る遺族の状況によって
受け取れない場合もあります。

その点を理解した上で
のこされた家族や周りに何らかの手間をかける可能性があったり、経済的な損失があるならば、
カバーしておかなければならないことも知っておきたいところです。

 

今回は遺族年金の対象となる人が
シングルであった場合をご説明したいと思います。

 

遺族年金は2つの種類がある

遺族厚生年金と
遺族基礎年金が対象となります。

 

遺族厚生年金は受け取れるのか

 

シングルの場合の遺族厚生年金を確認してみましょう。

 

遺族厚生年金の被保険者としての支給要件

 

遺族基礎年金でも同様なのですが、
以下の支給要件があります。

・厚生年金保険料を払っている最中である
・被保険者期間中、(厚生年金保険料を払っている状況と言えばわかりやすいと思います)
傷病の初診日があり、その初診日より5年以内に亡くなった場合

<納付要件>
※納付期間のうち国民年金加入期間の3分の2以上(免除期間ふくむ)は必要。
※特例として、令和8年4月1日前までは65歳未満で亡くなった場合、「死亡日の属する月」の前々月までの納付しなければならない期間となる1年間に滞納がなければ受けられる。

・障害厚生年金1級、2級を受けられる状況の人がなくなった場合
・老齢厚生年金の受給資格となる被保険者期間が25年以上ある場合

 

 

遺族厚生年金を受け取る側の要件

 

生計を一にしていた

子ども、孫(18歳3月末までが原則)
・55歳以上の夫、父母、祖父母

となっています。

 

子どもがいるシングルならば対象者がいることになり、
生計を一にしていた55歳以上の父母、祖父母がいれば、この場合も対象になります。

ただし支給されるのは夫、父母、祖父母が60歳になってからとなります。

 

*生計を一にするというのは、同居以外に別居で仕送りをしている場合、健康保険の扶養親族の場合も該当します。

 

 

ひとりで生活をしていて
仕送りをしていない、または健康保険の扶養親族がいないシングルは
受け取れないということになります。

 

 

遺族基礎年金は受け取れるのか

 

今度は遺族基礎年金を見てみましょう。

生計を一にしていた

子のある配偶者
または子

 

に対して支給されます。

つまり子がいるかどうか次第で支給されます。

 

子どもには年齢の条件があります。これは他の年金の子どもに対する要件と同じです。

原則は18歳の3月末まで
(または20歳未満の子どもで障害年金の障害等級1級または2級である)

です。

 

つまり、子どもがいないシングルの場合は
遺族基礎年金の条件が当てはまらないということになります。

 

第1号被保険者は死亡一時金

 

シングルでも個人事業主などで第1号被保険者(国民年金保険の被保険者)となっている人の場合
死亡一時金が受け取れます。これにも要件や受け取る対象者があります。

 

死亡一時金の納付要件

基本は36月以上納めていることです。
納付免除を申請し、その間の納付を
4分の3、半額、4分の1としている場合は
それぞれの期間も4分の3月、半月、4分の1月の期間とし、
合わせて36月以上になっていることが要件です。

 

死亡一時金を受け取る相手の要件

シングルであった被保険者の場合
死亡一時金を支給する場合の要件に当てはまる配偶者はいません。
その次の段階に対象者に移っていきます。
その場合受け取る対象者は
「生計を一にしている」子・父母・孫・祖父母・兄弟姉妹となります。

 

死亡一時金の金額

金額は保険料を納めている月数によって
12万円から32万円となります。
国民年金保険料以外に付加年金も納めていた人であれば、
36か月以上納付で定額8500円が付加されます。

時効は2年です。
もしシングルの人が周辺で亡くなっていて申請をしていない場合は
早めに手続きをしましょう。

 

まとめ

 

シングルの場合、突然のことが生じた場合
経済的な出費に対する備えはあまり考えないかもしれません。

ただし、何か月かにわたってその周りにいる人たちが
手続きや片付けなどに携わり、
社会保険料や病院代などの支払いまで済ませる場合もあります。

万が一の整理資金として、100万円から200万円ほどの終身保険などで準備しておき、
受取人のところは家族状況により相談しておく方がより安心かもしれません。

Copyright© ベターライフスクエア , 2020 All Rights Reserved.