つみたてNISAで投資を始める?(4)~金額はどのくらい

八王子でねんきんづくりコンサルティングを行っている
ベターライフスクエアです。

つみたてNISAは

年間で40万円までの投資額が非課税になります。

平らに引き延ばせば

12カ月で割るので40万÷12カ月で
3万3333円。

もし、キリよく3万5000円ずつの投資となると

年間で
42万円になってしまいます。できるのでしょうか。。。。

つみたてを始めるときに

1年後の投資額が40万円にならないような設定をします。

なのでこのようなことにはなりません。

毎月つみたてて投資をしていて
毎月は1万円だけど時々価格が下がっているから
多く買い増ししたい。

こういう場合はどうなるでしょうか。

つみたては基本的にスポット買い増しはできないので
特定口座などを利用した投資を別にすることになります。

毎月つみたて額が最初は5000円から始めていたけれど
あとの半年は1万円にしたい

こういう場合はどうでしょう。

<つみたて額の変更届>をします。
年間で40万円を超えなければ可能なのですが
手続きが面倒だなという人にはちょっと手間かもしれません。

特定口座などで投資をしていたものを
つみたてNISAに持ってこれるか。

これはなんとなくわかりますかね。

スタートは1年間。
資金は今まで投資していない資金
ということで、、、つみたてNISAに持ってくることはできません。

頑張って投資していたけれど
あと半年は積立できそうにない

この場合は、停止届を出します。
(金融機関によって様々なので必ず確認しましょうね)

つみたてはストップしますが
いままでの分は運用されています

つみたてNISAの資金も手元に戻したいとなると
解約になるため、非課税メリットは活かせなくなってしまいます

ちょっとややこしいのですが、

つみたてではない一般のNISAの場合
非課税投資対象額が120万円です。

もしそれ以上の投資額になると
その金融機関の中の
本人の特定口座、一般口座に入ります。

特定口座、一般口座は損益通算ができるものなので

もし利益が上がっているものと損失が生じているものを
通算して税金を少なくしたい場合は
この特定口座、一般口座を使う方が便利です。

一概にNISAだけが<おとく>ということでもありません。

このように、

・スポット買いができない
・損益通算ができないなど

投資をある程度している人にとっては
物足りないかもしれません。

少額だけ投資をしたい再スタート者
少額ではじめてみたい投資未経験者などには
向いている制度です。

毎年つみたてNISAを利用する場合には、
こういった特長も含め考えたいところですね。

コメントの入力は終了しました。