営業時間10:00~18:00(火曜 休)

ブログ

相談事例 住宅ローンの金利選び マンションを購入します 変動と固定のどちらがいいか

住宅ローンを利用して家を買う場合
マンションと戸建てでは注意するところが違います。

相談事例その26 住宅ローンの金利選び

 

相談者Zさん

Zさんは、マンションを買うことになりました。
返済方法として金利が低く返済額が少ない方をすすめられ検討していました。

「こちらの方が返済額も少なく済みますよ」と言われたものの
マンションを買うのはもちろん初めて。そして大きな決断になります。

これでいいのか?と不安になりました。

 

購入予定のマンション資料やおすすめプランを確認

 

現状のお悩みは決まっているマンションに対してなので、すでに資料が揃っています。
詳しい内容を見せていただき確認しました。
以下のような内容をお聞きします。

 

・誰が借りるのか
・住宅資金の持出しの有無と金額
・マンションを紹介している不動産会社の提携ローンの状況
・マンション管理に関する資料について
・現地確認をしているかどうか
・ローンを組む方の健康状態
・ローンを組む方の最近の就業履歴
・お返事の期日が迫られているかどうか

 

住宅ローンの種類、それぞれの長所・短所を知り選ぶこと

 

変動金利、固定金利の場合の違いをお伝えしました。
固定金利の場合は期間限定で金利を低く下げることができるものもあり、
その場合は何も意思表示をしなければ変動金利に代わってしまう点は注意する必要があります。

 

住宅購入時の傾向

 

過去から比べると変動金利と固定金利の差が少ないので
固定金利を紹介しているところもあるのではと考えていたのですが、
やはり変動金利をメインで持ってこられる傾向が多いようです。

また、金利が低いため10年以上前に購入した人たちとは
購入するマンションと年収の関係性もだいぶ変わっています。

・頭金なしで考える人
・ローン返済をご夫婦で折半する人
・転職をした人
・自営業の人

など様々です。

ライフプランの作成で将来の予測をする

マンションを買う場合でもまず、将来の予測が大事です。

例えば、
金利が低くローン返済にはありがたいと思っても
教育費などの支出は上がっていることを忘れてはいけません。

ライフプランでは教育費の支出も反映させるため
本当にローン安心の返済額で設定できたのかを
あらかじめ知ることができます。

 

定期預金などの利息もほとんどつきません。
マンション購入は大きな固定支出を決めてしまう唯一の機会、といえるでしょう。

 

 

他の支出とのバランスを考えながら
マンションを選び、ローン返済額を検討するには
ライフプラン作成はとても有効です。

まずご相談を通じてお話しいただければと思います。

Copyright© ベターライフスクエア , 2020 All Rights Reserved.