保険は進化しています~健康なら見直しも

八王子でねんきんづくりコンサルティングをマンツーマンで行っている
ベターライフスクエアです。

生命保険料控除が届く時期になりました。

今は保険関連の控除が3つあるのをあなたはご存知ですか?

昔からあるのは

生命保険料控除
個人年金保険料控除

という名前でした。

今ではこれらを

・旧生命保険料控除
・旧個人年金保険料控除

といいます。

2011年12月31日までに契約しているもの
2012年1月1日以降に契約したものでその言い方は異なります。

2011年12月31日までの契約

年間10万円を超えて保険料を払っていると上限額5万円の控除となります。

月の保険料単位でいえば9千円弱ですね。

この時期までの契約であれば

医療保険
がん保険
収入保障保険
介護保険
学資保険
終身保険

すべてが
旧生命保険料控除
となります。

個人年金保険は旧個人年金保険料控除です。
個人年金保険に見えていても、実は違う(旧生命保険料控除)という勘違いはありましたね。

「こんなに払ってるのに、10万超えたら同じ?」という不満は
営業している頃から数多く言われ続けたセリフです。

2012年1月1日以降契約のもの

2011年年末の時に保険を考えていた人が
このタイミングでどうするのかということが多々あり、

相談されてこられた方は
悩みどころだったのを思い出しますね・・・。

保険料控除は3つになりました。

・新生命保険料控除
・介護医療保険料控除
・新個人年金保険料控除

といいます。

新生命保険料控除
簡単に言えば死亡保険。今多くの方が加入している収入保障保険が当てはまります。

新介護医療保険料控除は、
介護の補償や医療の保障。簡単に言えば介護保険、医療保険、がん保険が当てはまります。

新個人年金保険料控除は、
旧と同じく個人年金保険です。今でいう所のトンチン年金もこれに含まれます。

それぞれ支払う保険料は年間8万円超まで。
年間で払っている保険料が10万でも15万でも8万までです。

控除はそれぞれ上限額が4万円となっています。

3つ合わせれば12万円までの控除なので
旧の保険料控除2つで10万円よりは多くなるわけです。

どちらの時期の契約もある場合

学資保険などは基本的に継続しているもののため、旧生命保険料控除になります。

医療保険は特に新生命保険料控除になる可能性があります

医療保険入院の短期化で短めの保障内容でいいと考えるようになったり
治療内容が高度化しているため手術に対する考え方を保険会社が変更していたりします。
がんの場合、通院が追加で必要と考える人もいます。

そのため医療保険を健康であれば見直すということもあると思います。

(使い勝手と年齢による保険料アップのどちらを選ぶのか?
はそれぞれですが)

介護保険はここ数年販売ラッシュ。
2012年以降になり、新たにドドーンと発売されているので、

年間保険料が8万円に満たない場合(月6700円ほどの医療保険に加入する人はいませんよね?)医療保険が安くなってしまった場合に介護保険を加えることで、追加してみるというのも一つの方法です。

(参考)
死亡保険は四角型の定期保険や定期付き終身保険、定期付き積み立て保険になっている場合、
収入保障保険にかえる場合もあります。死亡保険は長生きになってきたことにより以前より保険料コストはだいぶ抑えられています。

もし見直す場合は複合するので

・新しい契約だけを生命保険料控除にする
・旧生命保険料控除を選ぶ
・どちらも選ぶ

という3択になります。

最後のどちらも選ぶという場合は4万円の控除です。

最終的には2011年の12月31日までの契約と
2012年1月からの契約を複合しても

最大12万の生命保険料控除までということになります。

ご参考になればうれしいです。

ベターライフスクエアのご相談事例はこちらでご覧ください。