建物を解体した時の滅失登記の記入内容

老い支度や建物の建て替えで土地の上にある建物を解体をしたら
「登記に使うので」といって
業者の人に書類をもらっておきましょう。

この書類は後になればなるほど手続きが遅れてしまったり
業者の人にお願いしても忘れられたりすることがあるので
開始前にお願いしておくのが確実です。

滅失登記は自分でも作成できるので
費用があまりかからず済む手続きの一つだと思います。

建物があるかどうか税額が違う固定資産税は
1月1日時点の状況で決まります。

解体が終わらなければ手続きできないので
年末になりそうな場合は来年分の納税もあると思う余裕が欲しいところです。

法務省ホームページにひな形がありますので
こちらを参考に記入してみましょう。

法務局 建物滅失 登記申請書(PDF)

業者の人にもらう書類は建物取り壊しの証明なので
業者の人が法人であれば法人の登記事項証明書か法人代表者の印鑑証明、
個人であれば個人の印鑑証明が必要とのことですが

法人の申請書類の記載内容に
会社法人等番号が入っていればこの証明は不要とのことです。

登記上の所有者が今の住所と一致しない場合は
登記の住所から今の住所までの経過がわかる住民票なども必要です。

細かな書類については
管轄によって対応も違っているようなので
必ず必要な書類を具体的に聞いておきましょう。

誰に聞いたかも名前を聞いておくと安心です。

手続きは郵送でも可能ですが、
自信がない人は直接窓口に行って手続きをしてみましょう。

必要に応じて専門家と連携したワンストップ相談を希望されるならベターライフスクエアでどうぞ
サービス一覧