家族の成長に合わせて変えていく死亡保険

ベターライフスクエアでは

生命保険の商品についての説明や、
現在加入している内容について解説をしています。

個人の考え方にもよるのですが
生命保険についてはこういう風に考えています。

子供がいなかったご夫婦の場合お互いの死亡保険は
働いていればそれほど多くしなくていいと思っています。

形は終身保険を中心に考えることが多いです。

子供が生まれて
妻が収入を得ていなければ、夫の死亡保険は手厚くなります。

簡単に言えば
国民年金の夫の方が
会社員の夫の死亡保険よりも多めに準備する傾向にあります。

子供が大きくなってきて、
教育資金の心配もずいぶん減ってきたころであれば
死亡保険金がそれほど必要でなくなっているので
保険額の見直しをします。

年齢とともに死亡保険ではなく
介護保険や生活習慣病、がんに対する保障を
プラス
する人もいるかもしれません。

今後のことを考えると
亡くなったときの心配よりも、

介護状態になったときや大きな病気になったときの
治療費や介護費用、生活を支える資金

に重きを置くことになります。

払う保険料は大きくできないので
死亡保険と介護保険などの<生きているときの資金不安>のバランスは
考慮
する必要があります。


そして、
子供が独立したら
死亡保険は少額にし、相続に備えた考えも取り入れます。

このように、同じ保険でも
家族状況によって変化させていく必要性
を忘れている人がいます。

「保険料が安くなる」という考えから
「必要な保険は何か」という方に考え方を変えてもらいたいなと思っています。