イデコを始めよう(19)利益が非課税である

ベターライフスクエアでは
<個人のためのねんきん作り>をサポートすることで
将来の漠然としていたお金の不安を軽減しています。

個人型でも企業型でも確定拠出年金には活用するといいことが
いくつかあります。

確定拠出年金の商品の中には
運営管理機関の紹介の中でお伝えした通り
必ず元本確保型商品が入っています。

それは窓口によって保険商品であったり
定期預金であったり
するわけです。

最初は元本確保型を使った確定拠出年金であったとしても

将来お金をはたらかせるという意味で
「投資商品」=元本が変動する商品に
自分の年金原資を移動した場合

確定拠出年金には
「運用中は非課税」という大きなメリットがあります。

仮に証券会社などで
特定口座を利用して同じ商品を運用していたとしたら
税金として20パーセント(復興税含まず)が引かれてしまうところ

確定拠出年金だと税金がとられずに
利益がのって元本が大きくなったものを
また運用できる
のです。

この利点を使って毎月こつこつ自分の年金を作っていくことで
自分の資産になるんですね。

もちろん、信託報酬や管理費用といった手数料もかかっているので
なるべく低い手数料の商品が揃っている窓口を選ぶべきです。

最初は少し大変だと思いますが
「こういう金融商品の場合は信託報酬はいくらが相場なんだな」
「そのほかの費用で明記できないものがある商品なんだな」

といったことは

自分たちで調べればできることなので
ちょっと頑張ってみましょう。

元本は変動するので
雪だるま方式で膨らむとまではいえませんが

手数料の低さ
運用中は非課税

2つのいいところを生かせるかどうかはあなた次第です

せっかく利益が上がったのですから
こういうところを活用してほしいと思います。