2019年4月から変わります

八王子で65歳から先のねんきんづくりをマンツーマンでサポートしている
対面型FP事務所、ベターライフスクエアです。

今は「平成最後の」ばかりが耳に入ってきますが、

実は4月の段階でお金の情報として
変わってくるものがあります。

それは健康保険料です。

今回は協会けんぽについて少しご紹介。

健康保険ですから病院で診察を受ける場合に保険料を払っていると
自己負担が少なくすみます。

自己負担が少なく済むのは社会保障制度が成り立っているからです。

]

その社会保障制度、じわじわと変更するところはありまして
時折確認をしないと、自分の事だった!と気づかないまま
「あれ?なんか今年は手持ちのお金が少ないぞ」ということを忘れてしまい
将来へのお金計画が少しずつずれてきてしまうのですよね。

ぜひこれを機会に確認してみましょう。

健康保険料を計算するための保険料率が改正となります。

3月分、4月納付からです。

保険料なので
ご自分の住んでいるところで確認するとわかります。

(2009年から都道府県ごとの設定になりました。)

参考までに見てみると

平成31年度の保険料率は10.75パーセントから9.69パーセントまで幅広いです。

東京都は9.90パーセントで前回と比べても据え置きです。

40歳から64歳は保険料に介護保険料(介護保険第2号被保険者)も加わります。
こちらは一律で1.73パーセントが加算されます。

こういう時にパーセントでいうとちょっとわかりにくいですよね・・・。

東京都の場合で紹介すると

9.90パーセント+介護保険料率1.73パーセントなので11.63パーセントになります。

保険料はこちらで見れます。↓

h31313tokyo  健保 厚生年金保険料

これを自分の標準報酬月額と照らし合わせ、交差した場所を見ると保険料が決まります。

保険料の表のところを画面で撮っただけですが載せておきますね。(音声はありません)

この少し前のですがこちらで保険料の見方を紹介しています。

もしあなたが標準報酬月額30万円の場合22等級というところになります。

そして横にすすめていくと34,890円というところに行きつきます。

これは全額自分が払う場合。

事業主と半分ずつの場合はこの半分になります。

これで健康保険料と介護保険料の合計額が分かります。

引用元2019年度の健康保険料 介護保険料 協会けんぽ

保険料率がどうしてこれほど違うのかというと
都道府県によって疾病予防のための取り組みを行う

つかわれる医療費が下がる

保険料率が下がる

となるからです。

予防の取り組みなどでよくみかける長野県。

長野県 健康長寿プロジェクト・健康事業 

保険料率が9.69パーセントとダントツです。

(保険料は事業主と折半)

あなたが払っているものと同じ保険料を
事業主も払ってくれているんだなと感謝できる良い機会とも言えます。

感謝。

※標準報酬月額についてはまた機会を改めてご紹介します。