住宅ローンの費用をシンプルに考える

住宅ローンの選び方を考えるうえで
費用についてシンプルに考える方法を
紹介したいと思います。

<頭金はどうするか>

家を買うときに、住宅資金を一部準備していると思います。
頭金が多めに準備できているなら住宅ローン金利も低いものが選べます。

例えば資金を20パーセント出すかどうかで
金利が0.1パーセント違ったりします。

0.1パーセントは

4000万円のローン返済期間30年でいうと
年間返済額で3万円くらい

の違いです。

<費用の違い>

利用する住宅ローンによって
かかるものかからないものがあります。
それは「団体信用生命保険料」です。

銀行の住宅ローンを使うと、この保険料がかかりません。

銀行で売っているフラット35を使うと
保険料が年単位でかかります。(ただし任意です)

また、保証料がかからない銀行もあります

保証料とは

住宅ローンの返済ができなくなった場合に
本人に代わって銀行に返済をする会社です。

保証会社がある銀行は保証料を銀行に払いますが
ローンの返済をする義務はまだ本人にあるので、
保証会社に返していくことになります。

保証料がかからない銀行は、
保証会社を通さず
返済できなくなった時でも銀行に返済をしていくことになります。

保証料があってもなくてもローンの返済は必要

というわけです。