営業時間10:00~18:00(火曜 休)

ブログ

10年で年金が受給できる 年金資格がなかった人にもできること

2016年に改定され、2017年8月からはじまっている法律があります。

 

年金の最低保障を受け取れる人をより広い範囲にするための
「年金機能強化法」です。

 

これは消費税が2019年で10パーセントになり、
その財源の行き先の一つとして、年金受け取りについて
資格要件が緩和されるというものです。

 

「社会保障と税の一体改革」

では、様々な世代に分けて使われることになっていますが

その中のひとつになります。

 

 

====ねんきんのしくみ 2020年ver.====

 

 

年金受給の資格は25年納付だった

 

従来の加入期間による年金を受け取る資格は

国民年金

+

厚生年金

+

年金の納付の

カラ期間、猶予、免除(全額免除であっても申請をしていればOK)を受けていた期間

合わせて25年

となっていました。

 

この条件がかわりました。

 

該当している方には封筒で送っているのですが

それでもまだ手続きをされていない人には

このようなはがきが届いています。

 

 

 

25年に満たなければ10年でも22年でも資格がなかった

加入期間が25年と考えた場合、

22年のAさん

18年のBさん

10年のCさん

は今まで同じ条件でした。

 

Aさんは22年もあったのにCさんのように10年の人と同じ。

資格がなかったというわけです。

 

この人たちでも
年金を受け取る事ができる
ようになります。

 

AさんはCさんと同じように年金が受け取れるようになりましたが

Aさんの方が長い期間払っているので受け取れる年金額は多くなります。

 

受け取れるようになったものの、別の問題も

 

これは無年金者を少しでも減らすための改定になります。

「年金が満額受け取れる生活になる」という意味ではありません

 

最低保障期間とされる10年間、免除などせず納付していた人の場合

年金は月1万6千円ずつ、年額20万弱の受給

という試算があります。

 

つまり、満額受け取る人は40年払っているため

10年払ったということになると

満額の年金額の4分の1ということになります。

 

※2019年度の満額での受け取りは

老齢基礎年金(国民年金の部分)で78万100円です。

 

月1万6千円がずっと受給できるようになるのはいいのですが

これだけを頼りに生活するのは難しいです。

 

国から支給される年金額を増やす方法

 

国から支給される年金は金額の大小はあるものの、ずっと受け取れる制度です。

このような資産を自分だけの力で作るには時間と労力が今以上に必要となりますし、

できるかどうかも分かりません。年金の制度はあなたの高齢期の生活に大きな支えとなる制度です。

もしこの制度をもう少し有効に生かしたいのであれば

・国民年金保険料の納付を続ける(老齢基礎年金がもっと増やせる)
・厚生年金保険がある勤務先で働き、被保険者となる(老齢厚生年金が増やせる)

という選択肢も考えられます。

 

身体が健康でなければ働くのも難しくなります。
年金がいくらもらえそうなのかという生活設計をしながら、体調も気を付けておきたいところです。

 

 

 

====ねんきん定期便のポイント5つ ====

 

Copyright© ベターライフスクエア , 2020 All Rights Reserved.