将来の生活をイメージしてみるために今できること

八王子でねんきんづくりコンサルティングを行っている
ベターライフスクエアです。

将来の年金の話

例えばねんきんがもらえるのかとか
払う必要があるのかとか

自分たちでは動かせないところの話題が
先行しています。

もちろんこういったことは
国会の中で決められているので
国会議員さんを決めるための投票をすることで
自分たちも間接的に関わってはいます。

でも選挙が終わった後はその人たちに期待をしつつ
自分たちでできることを考えた方が
あなたのねんきん不安を減らす近道だと思います。

年金は相互の助け合い

誰もが知っています。

年金は受け取る側と払う側の助け合いだということを。

そして、今は労働人口が昔ほど多くはないのに
年金を受け取る人が多いということを。

嘆いても残念ですが急激には変わりません。

だったら「自分でできる事を考えようよ」というのが
ベターライフスクエアが手伝えるところになります。

年金額はいくら?を調べてみる

年金額はいくらになるかというのは
ねんきん定期便を見れば大まかにイメージが付きます。

見方が分からない場合は
一度でいいので年金事務所で聞いてみてください。

ベターライフスクエアでも
不定期ですが「ねんきん定期便の見方」について
セミナーやワークショップを行っています。

(次回の予定は今のところ決まっていません。ご希望があれば(3名以上で)カフェなどでもお話しできますよ)

今の生活費はいくらなのか

次に他のところに行かなくても
自分でできることとして

「普段の生活費がいくらかかっているのか」

という確認作業があります。

家計簿を見たり
取引明細をクレジットカードの支払い明細で見たりすれば

どれだけ月単位で

生活費がかかっているかが分かります。

生活費の中には
あなたが年金を受けられるような年齢になれば要らなくなるものだってあります。

例えば住宅ローンの返済。

例えば子供の塾や学校などの費用。

反対にあなたが年金を受けられるような年齢になったら
かかるかもしれないもの
があります。

例えば医療費。

例えば介護サービスを受ける費用。

例えば家の改修をする費用。

生活費は自分のことなので
やろうと思えばできることだと思います。

もちろんお金の価値は将来分かりませんが
やっていない人よりも、現在価値であっても知っている人の方が
あらかじめ備えるためにできることも多くなります。

あなたの生活費がいくらなのか。
まずはこれを知ることで

次に「じゃあどんな準備をすればこの生活が保てるのか」というところに
興味が生まれるかもしれません。

1年でも早くこれができることで
ねんきんの不安をカバーする準備やその方法なども
数多く作ることができます。

ぜひ試してみてください。