相談事例 給与明細を見たら分からないものがあった

ベターライフスクエアです。

今回は当事務所での相談で、

給与明細から退職後の準備がどうなっているのかを気づかれた方のおはなしです。

相談事例その23

相談者Wさん

貯金や老後に向けた投資シミュレーションについて考え始めたWさんは
ご主人が老後に向けて準備している貯金や社内制度を知らなかったので
今回の相談でいろいろ知りたいと思い、これを機会に給与明細も持ってこられました。

・給与明細の中で今後退職後に反映される支出(財形制度 社内預金など)の説明をしました。
・普段から行っている貯金のペースをお伺いしました。
・今後資産形成に多少リスクを伴う投資を行う場合のシミュレーションを行いました。
・シミュレーションによってWさんにちょうどいいリスク配分や投資の種類を知っていただくことができました。

厚生年金保険料がとても大きいことに気づいたWさん。

「でもこれは事業主さんが半分払っているから本当はこの倍なんです。会社に感謝した方がいいと思います」とお伝えしました。

今回、財形制度の明細はお持ちいただいていなかったので、お持ちいただくようお願いしました。
また、会社の中で確定拠出年金が導入されていることが分かり、
現状の拠出先がどうなっているのかもお持ちいただくようお願いしました。

どこに拠出しているかによって
投資のリスクの大きさも変わるし、退職後の資産の大小にも影響されてきます。

いつが目標?→何年後
投資額の想定→どのペースで(毎月 毎年といった間隔)投資をしていけそうか
どのくらいの資産にしたいか→退職後の生活に合わせて希望する資産額

これがわかると年何パーセントでふやしていけばいいのかという指標ができます

指標が分かればそれに応じた資産配分も決めていくことができます。

確定拠出年金の内容をお聞きして、それを含めた資産配分をWさんが考えていけるよう
進めていきたいと思っています。

資産形成サポート会員