家を買う~資金計画を先に進める場合

家を買おうとしたとき
先に資金計画を考える場合を紹介します。

まずファイナンシャルプランナーに
家を買うための返済シミュレーションをしてもらいます。

準備するものは
お給料のわかるもの(源泉徴収票)
貯金の状況
の2つです。

生活の状況を話して、返済できる金額を決め
ローンで借りる目安となる金額を決めます。

借りる額が決まったら
設計事務所さんや建築会社さんに
この金額で設計できる建物をつくれますか
と聞いてみましょう。

予算が決まっている方が
会社側としては進めやすいと思います。

こういう対応ができるのは
やはり地元の会社や事務所がおすすめです。

コメントの入力は終了しました。