マイナス金利の行方と生命保険(法人 個人)

各メディアで<マイナス金利の影響はこうなる>といった話題が
増えてきました。

もし今の段階ですでに生命保険を試算したり
パンフレットを取り寄せて見始めている人がいるならば
行動した方がいいかもしれません。

保険会社によってはこのタイミングで見直し(販売停止も含む)
となる可能性があるからです。

特に日本円での保険で
生命保険、個人年金保険。

国債などで安定運用してきた保険で
払った分解約しても返戻金が元本割れしないタイプのもの、
特に一時払いタイプの保険のものは加入に対して迷いがあるならばよい機会かもしれません。

終身保険ならば、八王子の小さな会社の社員向け退職金準備や事業承継などにも使われているので
駆け込みでという人もいるかもしれませんね。

今後の動向次第では
保険料率の違う商品にリニューアルし、
今までとは払う保険料の額も変わってくる可能性もあります。

(これが最大の原因というわけではないのでしょうが、保険商品の改訂時期も年に何回かあるので
これを機に保険料がアップするという保険会社も出ています)

会社が持続しなければ契約者の保障が維持できなくなるので
この状況は仕方がないかなと思います。

何も考えていなかった人
必要性を感じることもなかった人

もし窓口などですすめられたとしても契約を慌てて考えなくても大丈夫です。
気にしないようにしていましょう。