住宅資金を払うとき どのくらい手元に残す

住宅ローンを組む時必要なのが頭金です。

今はローンで100パーセント融資します
というところもありますが
基本は
「お金がない人がローンを組んじゃだめだよ」
というのがベターライフスクエアの考え方です。

さて、この頭金。

「貯金の中からどれだけ出せばいいでしょうか」
という相談は多いですね。

収入がその後どうなるかにもよるのですが
がっちりとした年収(たとえば 500万円と300万円)の共働きであれば

頭金を出した後の残りの貯金が50万円程度でも
1年で貯金があっという間に回復する家庭もあります。

反対に

ひとりの年収で(しかも小さい子供がいる家庭ならなおさら)

頭金を出した時は残りの貯金額は
200万から300万円はほしいところです。

その後の貯金力と
その後の他の支出(子供が私立の中学に行くなど)の状況によりますが

頭金として住宅ローンにお金を出してしまっても

貯蓄残高は
ローン返済を含む生活費の半年から1年分
あるのが理想だと思います。

コメントの入力は終了しました。