自分の家と不動産投資の大きな違いとは

家を買うには、住宅ローンが関わってきます。
不動産投資については事業ローン、マンションローンといわれます。

アパートを貸して家賃収入を得る事業性のあるローンだったり
自分もその家の一部に住む予定だったりと
細かな違いはありますが

どちらも
家のためにお金を借りてお金を返すというわけです。

自分の家の場合、
将来の支出が増えないように
出来る限り計画を立ててローン返済を考えます。

ちゃんと返せるように
最後まで返せるように

ですね。

不動産投資の場合はだいぶ違います。

ちゃんと返せるような返済金額にするのはもちろんです。
家賃はもらえますが空室なしの場合だけを考えるのは不安です。

でも「売れるもの」を購入したり
「返済額を後ろに延ばす」
ようにプランを考える
というのは普通のことです。

自分の家に資産価値を求める考え方は
今後大切ですが、
そういう目的で買わない人もいます。

資産価値というより
環境や暮らし方を重視した家ならばローン計画をしっかり考えて

最後まで払えるように
無理のない金額で

金利のリスクをあらかじめ分かっている状況で
家を買ってほしいなと思います。

コメントの入力は終了しました。