保険会社が大丈夫かどうか心配

「知らない保険会社はこわい」
そう言われたことが何回かあります。

アラフォー女性ならば
昔からある生命保険会社か
最近耳にする保険会社どちらを選ぶか
となったときに
こういう心配があるのでしょうね。

また、わたしが会社員で営業の立場だったとき
保険会社や銀行、証券会社が
次々と破綻しました。

そのせいか、
いまだにこの気持ちは
根強く残っている気がします。

絶対ということは言えませんが

最悪の状態を知るのに
以前の破綻した保険会社の例が
ひとつあると思います。

その保険会社で
個人年金保険に入っていた人がいました。

経営破綻の後、
引き受けてくれる保険会社がいたので
外資系の生命保険会社に吸収されました。

個人年金保険はどうなったでしょう。

外資系生命保険会社が
引き受けた時期に比べて、
保険会社の保険料率がだいぶ
高かったので、
保険料は安めの契約でした。

引き受けた先の保険会社は
ここまで保険料率を
高くは出来なかったので

保険料は一緒でも
受けとる年金額は減りました。

保険会社の安心を示すものに
ソルベンシーマージンなどがあるので
それを参考に考えるのもいいですが、

実際破綻した保険会社の実情が
わかると
どういうリスクが伴うのかも知ることができます。

こちらを訪れたあなたに
参考になれば嬉しいです。