2018年は戌年 株格言 

八王子でねんきんづくりコンサルティングを行っている
ベターライフスクエアです。

去年も書いていると思いますが
今年は戌年。

戌年の相場ってどうなのでしょうか。

去年はおととしとセットで
申酉騒ぐといわれていて

実際去年投資をした人で
損をした人っていないのではないかというほど
「騒がしい」というか「盛り上がった」1年だったような気がします。

戌年は笑いといわれています。

ちなみに、来年は亥年。固まるです、、、

戌年だった時代を少しさかのぼりましょう。

(こういうの私、よくやりますよね・・・ 笑)

今は2018年なので

12年前の戌年
2006年からさかのぼってみます。

(日経平均株価の終値 月次データ)

2006年です。

1月  16,649
2月  16,205
3月  17,059
4月  16,906
5月  15,467
6月  15,505
7月  15,456
8月  16,140
9月  16,127
10月 16,399
11月 16,274
12月 17,225

次に1994年。

1月  20,229
2月  19,997
3月  19,111
4月  19,725
5月  20,973
6月  20,643
7月  20,449
8月  20,628
9月  19,563
10月 19,989
11月 19,075
12月 19,723

あと12年前、1982年で。

1月  7,938
2月  7,440
3月  7,260
4月  7,390
5月  7,325
6月  7,213
7月  7,189
8月  7,123
9月  6,910
10月  7,295
11月  7,895
12月  8,016

一ケタ違っていますよね。

日経平均株価もこうやって大きくなっていったんですね。

ではこれで最後、24年前1970年を。

とうとう自分が生まれる前です(笑)

1月  2,316
2月  2,374
3月  2,523
4月  2,114
5月  2,072
6月  2,138
7月  2,159
8月  2,132
9月  2,065
10月  2,114
11月  1,990
12月  1,987

もうびっくりするほど値が小さいですよね。

これが

インデックスファンドは
じわじわ上がる

という意味につながっているのではないかと思います。

ここまでやれば
12年×4回分で48年の間の戌年がわかるかな?と思います。

最後に、、、
アイコンは高尾山に行った時の高尾登山ケーブルカーの前にある戌年の写真です。

これですっきり言えます。今年もよろしくお願いします。

コメントの入力は終了しました。