2017年年末までにやりたいこと5つ(その1)

八王子でねんきんづくりコンサルティングを行っている
ベターライフスクエアです。

今年もあっという間に11月になってしまいまして
このままだとすぐに年末になってしまいそうですよね。

「このままでは終わりたくない!」そう思っている方は
ここから選んでくださいね、

(でもお金のことだけで5つはどうなんでしょうね・・・。)

別にお金周りのことだけなくてもいいんじゃない?とも

思ってしまうわけです。

今回は3つ、ご紹介したいと思います。

(正解はないですよ、あなたが選んだり思いつくための材料としてお使いください)

ポイントは

来年で切り替わるもの
今からやれば間に合うかも?

というものです。

その1:1月からスタートするつみたてNISA

新聞などにも大きな広告が出ているため、ご存知かもしれませんが
「つみたてNISAをはじめたいです」と来年すぐ窓口に行けばスタートできるものではありません。事前の手続きを済ませてみるといいですよ。

その2:土地の持ち主は1月1日時点で決まる

固定資産税の納税義務者は1月1日時点のその場所の所有者です。
もし家がなくなって更地になっていたり、
所有者になって初めての年であれば、
納税額がどのくらいになるか気にしておいた方がいいと思います。

その3:12月までの医療費を確認する

再来年の確定申告から始まる医療費控除の特例「セルフメディケーション税制」は
医療費控除として今まで年間の医療費が該当せず、申告できなかった人には選択肢が広がります。

<医療費控除をおさらい>

今年までは通常の医療費控除なので、

今までの医療費は合計でいくらになっているか確認しておくと

申告前にバタバタしなくて済みます。

いつまでのものか :

来年の確定申告で対象となるのは今年の1月1日から12月31日までのものになります。

対象者 :

自己または生計を一にする配偶者やその他の親族のために払った医療費です。

対象となる金額:

シンプルな言い方だと10万円 または所得金額が200万円未満の人は総所得金額の5パーセントです。

出典:国税庁ホームページ
医療費を払ったとき (https://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1120.htm)
セルフメディケ―ション税制(https://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1129.htm)

もし忘れてた!というものがあったら
ぜひ今のうちに<できること><やれること>に入れてみてくださいね。

この中の一つでも、、、、
あなたに思い当たることがあると嬉しいです。

あと残りの2つはまた次回紹介しますね。