ものができると景気が上向く

八王子でねんきんづくりコンサルティングを行っている
ベターライフスクエアです。

景気が良い→お金が流れるというところで分かりやすいのは
「ものがつくられる」というところだと思います。

例えば、、、家が建つということですね。

そこで住宅着工戸数とリフォーム件数について

今回は紹介したいと思います。

平成29年9月の資料を確認してみると

住宅着工戸数は83,128

前年同月比で2.9パーセント減となっています。

分譲住宅は前年同月比で4カ月ぶりの減少

うち分譲マンションは前年同月比で4カ月ぶりの減少(前年同月比 9,2パーセント減)
うち分譲一戸建て住宅は前年同月比で前月増加したものの今回は減少(前年同月比 2.2パーセント減

リフォームなどの受注高は増えています

住宅については
平成28年度は前年度比で37.6パーセント

非住宅建築物でも
前年度比で28.5パーセントです。

内容は
劣化の修繕から省エネルギー対策が件数として多いようで

続いて
高齢者・身体障碍者対応、
防災・防犯・安全性向上のための工事
となっています。

こういうデータも次回は
グラフでまとめてお伝えできればと思っています。

建物といえば、、、、
あるものを大切にするという方法として
マンション建て替え事業を行っている方の集まる会に参加してきます。

ニュータウンでは大きな規模でマンションが出来上がった例はありますが
小規模から中規模の建物で
オーナーさんや住人が
建物の劣化不安に悩んでいるという状況は
今後どんどん増えてくると思います。

そのための資金面でのプランニングやお悩み解決で
何かできることはないかといつも考えています。

ベターライフスクエアでは、多摩、八王子でまちづくりを応援したいので
建物のことや住まいのことはさまざまな連携でサポートしたいと思います。

国土交通省 建築着工統計調査報告(平成29年9月分)
http://www.mlit.go.jp/report/press/joho04_hh_000716.html
国土交通省 平成29年9月の住宅着工の動向について
http://www.mlit.go.jp/common/001207999.pd
国土交通省 建築物リフォーム・リニューアル調査報告(平成28年度下半期受注分、H28年度計)
http://www.mlit.go.jp/report/press/joho04_hh_000694.html
国土交通省 建築着工統計調査報告 時系列一覧より
http://www.mlit.go.jp/sogoseisaku/jouhouka/sosei_jouhouka_tk4_000002.htm
を加工して作成しました。
コメントの入力は終了しました。