年金不足からトラウマは生まれる

八王子でねんきんづくりコンサルティングを
マンツーマンでサポートしているベターライフスクエアです。

今では子どもでもテレビなどのメディアを通じて耳にしているので、
「ねんきんは意味ないよね」というセリフが出てきます。

国の年金はもらえますが、

・いつからもらえるのかというのは変わってくるということ
・年金額はその時の物価などの指標に合わせて変動するということ
・年金を受け取っていても、介護や高齢期の医療保険制度は自己負担額は変わるだろうということ
・年金を受け取ってもその際使われる公的年金等控除なども変わるだろうと思うこと
・そして、、、今後すでに決まっている直接的な税金として消費税が変わるということ

こういう変化が可能性としては考えられますよね。

これってつまり、、、
手元で使えるお金が減る可能性はあるわけです。

そのためには、ある程度将来に向けての計画をしていなければ
不安がある人は安心に至らないのです

不安ってどういう意味だったかな

不安という言葉の意味を改めて見てみました。

恐ろしいものに脅かされている感情のことだそうです。
現実にわかっているものならば「恐れ」というそうです。
気がかりなこととも言います。

原因が本人でもわからない。
本人にも明らかになっていない。

これから何が起こるかわからない気がかりな感情。

この、何が起こるかわからないというところを
ベターライフスクエアでは、少しずつ紐解いています。

国のねんきん、大きく言えば社会保障制度が変わりつつある今、

あなた自身がが今の時点でできること、
あなた自身ができることとして見つけられていないものを
顕在化して伝えることで、
あなた専用のねんきんづくりのを一緒に進めていくこと。

これができるのは、商品を買うことであなたのゴールと定めない
中立な立場でできるコンサルティングだからだと思っています。

あなた自身にも価値を増やそう

様々な手段を使ったり
考え方を伝えたり
時には学びを加えることで、
あなた自身にも価値が生まれていくことでしょう。

投資をする前にお金を稼ぐということに集中している人もいます。
お金を稼ぐためには自分の価値を上げることも大事。

これからの時代は、働き方もずっと同じ状態で続けられることなど
とても珍しいことだと思います。

「俺ずっとこの会社にいるから大丈夫だよ」
と思っている人たちが多かった頃から「え!ずっと同じ会社にいるなんてありえないよ」
という風に一般的に言われる時代へ。

もうそう遠くなく、近い将来にやってきます。

こういう時に、自分の能力や認めてもらえる価値、

様々な人たちとの関係性を
増やしておくことが

結果的に不安があったとしても
前に進める原動力だったりします。

(資格ばかりの時代ではないと思います。)

将来の計画づくりとともに考えたいのは
未来に向けて備えておきたいのは、こういうところもあるかなと思っています。

八王子には、あなたの未来を応援してくれる人がいることを忘れないでください。

コメントの入力は終了しました。