建物がある人の場合 住宅ローン開始まで

マンションや戸建の建物を買う場合で
土地も建物もあって、住宅ローンが通る状態ならば

ローン契約までの流れは以下のようになります。

(返済負担などの条件がクリアした人の場合です)

新築のマンションは
ちょっと違うので気を付けてください。

○自己資金はいくら出すのか確認する

○いくらの家なら買えるのか考える

●住まいが決まる

○いくらのローンにするのか計画を立てる

○おすすめされた(自分で決めた)金融機関でいいか

○おすすめされた(自分で決めた)ローン返済プランでいいか

○足りない場合、親の援助を検討するかどうか

○不動産会社(自分で行う場合も)を通じた金融機関の審査

○借入申込み

○審査結果

○本契約

○融資実行

○住宅・土地資金を不動産会社へ渡す(決済)

○住宅・土地の登記完了

○住宅ローンの返済開始

「住まいが決まる」のところは、本当はもう少し後ろの段階が望ましいです。

ある程度資金計画を立てて、住まいを決めていく方が

「こんなはずじゃなかった!」という状況が避けられます。

多くの人が、住まいが決まってから、いくら払うのかな?という流れになり

中には返済が始まっても、 資金計画がうやむやなまま

返済ができなくなるケースを避けられなくなる人もいます。

余裕ある計画をもって、

賃貸住宅のまま希望の物件を待つという判断も

正解だと言えます。