建物がなくても大丈夫 資金準備の段取り

建物がない状態でお金を借りるのは本当に大変です。
ちょっと余計に現金を準備しなくてはならないからです。

「でも手元の現金がないから、借りられないのも困る・・。」
という人は次の方法に移ります。

それは「つなぎ融資」という方法です。

つなぐというだけに、次のローン設定までの間にお金を貸してくれるものになります。

もちろん目的は工事の人に支払うお金のためです。

前提として

つなぎ融資を申し込む代わりに、本当の住宅ローンの時には家を使ってね
というところが多くあります。

また、このつなぎ融資だけを取り扱っている金融サービスの会社もあります。

条件として、
金融サービスの会社と提携契約をしている工務店さんじゃないとだめですよ

とか

金融サービスの会社の審査を工務店さんは受けなければなりませんよ

とか

ちょっとしたルールがあります。

この条件を受け入れてくれる工務店さんならば
つなぎ融資を選ぶ場合の自由度も出てくるというわけです。