建物の有無で大きな相違 住まいの資金準備

「どんな家を買うのか?」をスタートにする理由はなぜでしょう。

買うものによって、
住宅ローンや、手持ちで出すお金の準備が違うからです。

ざっくりと伝えるならば
「すでにできているもの」
これは普通に住宅ローンの審査に進めます。

これに返済ができるかどうかの基準は含めないでおきますね。

「これから建てようと考えているもの」
これは先に手持ちのお金を多めに準備する必要があります。

なぜならば、
建てようとする工程がある場合
銀行に普通に行っても土地の分しか借りられないからです。

「まだ建ってないものなので」というのが理由です。

建ってないけれども
この間に工事のためのお金を支払っていかなければなりません。

これが「ちょっと多めの住宅資金」となります。

出来ているものと
そうでないもの

お金の準備の仕方が違うのは
こういう流れがあるからなのです。