投資信託を選ぶ インデックスファンドとは?

将来の年金づくりを
<具体化>
<仕組み化>
<投資目標づくり>でサポートする
ベターライフスクエアです。

投資信託にはインデックスファンドとアクティブファンドがあります。

今回はインデックスファンドを紹介します。

インデックスとは指数という意味です。

基準価額がある指数に合わせて運用する
投資信託

をこういうのですが、

日経平均株価
TOIPIX 
S&P
NYダウ平均株価

などに連動して動きます。

トピックスや日経平均連動のものの場合

手数料は申し込み時にかからなかったり(ノーロードといわれます)
運用中の信託報酬も0.5パーセント前後だったりします。

手数料の支出を長い目で見ると
これらは長期投資に向いているといわれます。

例えば日経225インデックスファンドという名前であれば
日本経済新聞社が独自に開発した手法により
東京証券取引所第一部に上場している中から225の銘柄を算出される株式指数

となっています。

インデックスファンドは
名前だけ見ると同じように見えてしまうのですが

例えば、
インデックスファンド先物とか
J-REITインデックスファンド
というように、

インデックスと書かれていても
投資されるお金の行方が違うものもたくさんあるので
商品の説明書をよく読みましょう。