おとり商品に気をつけよう

ものを買うときの
心理について紹介しています。

「この物件を買いたい」

決まっている物件を選ぶ場合は
それをピンポイントに聞きに行きます。

そうすると、業者の人の紹介で行ってみたら
掲載していたのと
イメージがぜんぜん違っていたということがあります。

そして、「似たようなものはあるのですが」
といって
すすめたい投資物件を
紹介してくることがあります。

これは「おとり」といいます。

興味を持ってくれそうな商品を
出しておいて、興味があるという人をおびき寄せる作戦です。

賃貸物件を借りるときなどにも
ありそうですね。

投資商品でも「これは販売数が達してしまったので」といって
似たような商品を紹介されることはありますが

誰もが知っている会社であれば
本当に売れてしまって、
売れた後に来た方には「この商品をすすめよう」と、考えていると思います。

規模にもよると思いますが
思っていたものがない場合は
「じゃあこれでいいか」となってしまう心理が現れることもあるのですね。