年金保険料の払い方で割引を受ける

国の年金制度の一番最初の年金、
国民年金は
65歳になれば受け取ることができます。

でも、資格がなければ受け取れないので
それまでの期間、保険料を払う必要があります。

平成28年度の国民年金保険料は

月で16260円

です。

1年で19万5120円です。

もし、まとめて払えるのであれば
少しお得になります。

現金払いで1年分だと19万1660円です。
6カ月分だと9万6770円です。(毎月だと6カ月で9万7560円)

起点が年度初めと思われる人もいるようですが

途中から
いつまで、というように年度の間の期間を自由に決めて払うこともできます
その場合は年金事務所で納付書とともに相談します。

口座振替で1年分を払うと19万1030円です。
6か月分の口座振替だと9万6450円です。

他に、実際の納付期限よりも
1カ月早く払うと割引される「早割」というものもあります。

これは毎月16260円となるところが
早割で50円割引の16210円となります。

前納として今年度の前半は終わりましたが
10月から平成29年3月分の前納は
今年の8月31日が口座振替の締め切り
となっています。

すでに前納の申し込みをして継続中の人は
そのまま割引
されています。

途中で払い方の変更をしたい場合は
申し出をすれば可能です。

なお、途中で払込が一部免除となった場合
前納はできなくなります。