国の年金1階部分 老齢基礎年金

国の年金はその人の状況によって
1つから3つの年金を受け取る制度です。

1つめの1階部分といわれる
老齢基礎年金は

保険料納付済期間と保険料免除期間が
合わせて25年以上である場合、受け取る権利があります。

今年度平成28年4月の年金額は
78万100円となっています。

またこの年金額は
納付済期間、免除期間、4分の1から4分の3の納付期間を合計して
40年になると受け取れる満額の年金額なので

その人によって受け取れる額が違っています。

支給開始年齢は
基本が65歳となっていて、

それよりも前に受け取りたい
もっと後で受け取りたい

と希望すれば

60歳から64歳11ヶ月で減額された年金を受け取る
繰上げ受給

66歳から70歳までに受け取る
繰り下げ受給

も可能です。

でも早めに受け取ると
年金額は減額されたものになり

遅く受け取ると
65歳で受け取るよりも増額された年金となります。

60歳で受け取ると
減額率が30パーセント

70歳で受け取ると
増額率は142パーセントの受給額
となります。

コメントの入力は終了しました。