ドルコスト平均法というけれど

将来の年金づくりを
<具体化>
<仕組み化>
<投資目標づくり>でサポートする
ベターライフスクエアです。

「預金の金利がほとんどないからこういう商品で貯金しませんか」といって
保険や投資信託などを紹介されることがあると思います。

~毎月定期的にお金を預けると、
お金が減ったり増えたりするリスクとなる波型のグラフが
より安定します~

このように定期的に投資するのは
ドルコスト平均法と呼ばれます。

ドルコスト平均法は

毎月いくらで買う方法=同じ量の投資信託を買っているわけではない

やり方です。

定額買いであって定量買いではないのです。

本当は
ずっと価格が上がり続けているときは多く買っておいた方がいいし
ずっと価格が下がっている状況の場合は買わないでおいた方がいい

ので、この2つの状況の時は定額で投資するドルコスト平均法のような買い方は
大きなメリットになりません。

万能ではないんですね。

でも、これだけ広まっているのはどうしてなのかというと
価格に惑わされず毎月同じ時期に買っていくのは、
心理的な戸惑いを避ける方法としては向いているからです。

もしこの方法を利用したい場合
毎月積立での外貨預金や株を定期的に買うやり方、
金の定期積立、外貨建保険など

ひとつのものに集中させないように投資額を決めましょう。