給与所得でも確定申告したほうがいい場合(医療)

給与所得でも年末調整をされて安心せずに
確定申告をすることで、税金の還付がある場合があります。

5年はさかのぼれるので
申告をして払いすぎた所得税を取り戻すこともできます。

・医療費控除

1年間で10万円
または200万未満のの人は総所得額の5パーセント
受けられます。

対象のものは本人、その家族、生計を一にする親族まで可能なので
収入の多い人の申告で控除を受けるというのがポイントです。

ただし、生命保険などでこの病気やけがに関する保障を受け取っていたら
その金額は控除しなければいけません

・医療費控除の特例

平成29年から払ったものに対して
申告がスタートするのが「セルフメディケーション」推進のための市販薬などの費用です。

対象は医療費控除と同じく
本人、配偶者、その家族、生計を一にする親族で

どんなものが対象かというと

医師の関与がある

特定検診
予防接種
事業主による定期健診
人間ドッグ
がん検診

が、考えられています。

金額は
合計額が1万2000円を超えて最大8万8000円まで
総所得金額から控除する

となっています。

今までの医療費控除とは併用できないので
どちらか金額が条件にあっているものを選んで申告をすることになります。

特例なので今のところ、平成33年12月末までとなっています。