資本金が減るってどういうこと?

20人以下の中小企業を
安心の中立情報で応援する
ベターライフスクエアです。

先日官報にこんな記事が載っていました。
「資本金の額の減少」という報告です。

会社を起こしたとき
株式会社の場合、資本金を出します。

1億円超のものがそれ以下になった場合は
税負担が減ります。

資本金が1億円以下になると中小企業になるため
中小企業の優遇制度が使えるわけです。

例えば、今後改正予定となっている
外形標準課税は中小企業の場合様子見ですが、
大企業だと拡大していく予定であったりしますし、
交際費のあり方についても特例で優遇されています。

この事例では、先日資本金を減少させた
吉本興業が120億円もの資本金を
1億円に減らしたニュースがあります→ここ大事

減少させる理由は他にもあります。

それは、、、

赤字の補填のため準備金としておくためです。

何かあった時に
すぐに動けるように備えておくというものです。

どちらにしても、資本金を減らすということは
守りを固めておくというイメージになりますね。