「厚生年金に加入させたいけど」の悩み

先日国会で話題となったお話です。

厚生年金加入義務のある人に対して
加入することなく
国民年金加入者となっている人が
推定約200万人とか。

でも、

先日こういう話を耳にしました。

<厚生年金に加入してもいいけれど、 その分渡す給料が○万円減るけど いいですか。>

こう事業主の人に言われたら
あなたならどう思いますか?

手元の現金が生活の資源なので、
<じゃあ国民年金だけでいい>と
思うのではないでしょうか。

こういう結果になると
結果的に現金があって
将来の一生もらえる厚生年金(金額はいろいろです)が準備できない

もしこれと反対の方を選んだならば

現金が減っても
将来の一生もらえる厚生年金は準備できる

わけです。

この悩みを解決するために
限りなくどちら側のからの希望も
反映させる方法はあると思います。

事業主さんにもそこで働いている人
にもいい方法。

これについては

また別の機会に
お伝えしたいと思います。