厚生年金を受け取っている人が働くときの注意点

厚生年金保険料を払っていた結果
「老齢厚生年金」という厚生年金を受け取ることになった場合の条件はどうなっているでしょう。

「老齢基礎年金」という国民年金を受け取れる条件をクリアしていて
65歳以上になった時に受け取ることができます。

65歳より後になっても働いている場合は
「在職年金」というのがあり、
働いている毎月のお給料に応じて年金額が調整されます。

ちょっと難しい言葉でいうと

この計算は
加給年金額を除く老齢厚生年金の額と
総報酬月額相当額(毎月のお給料や賞与を12か月で除したもの)

を合わせて

<47万円以下>であれば年金は全額支給

それよりも多かったら一部の年金または年金額の支給停止
となります。

この時国民年金を払っていた結果受け取れることになった
老齢基礎年金は全額受け取れます。