厚生年金に加入できるようになる?

最近の新聞でよく目にします。

厚生年金に加入して保険料を納める事業所なのに
納めないでいる事業所が
これからは監視を強化していく方向性になっています。

以前から取り組みがあって

本当は厚生年金や健康保険の適用事業所なのに加入していない事業所には
加入するよう、電話や訪問、文書での通達が行われているようです。

実は以前当事務所でこれとは違う目的で
ランダムにお電話をかけて、厚生年金の加入状況を聞こうとしたことがありました。

お電話した中のひとつの事業所では
加入をするような勧奨と思われ、

またある事業所では「それぞれやっているよ」と言われました。

先日聞いた話では
加入できるがあなたのお給料が払うことによって減るけれどもいいですか
と言われてやめたということも。

また、まったく知らないという事業所もあるようです。

平成24年度のものですが

加入の指導をした事業所は
23361事業所

加入手続きをすることになった事業所は
57事業所

という結果もあるようです。

指導

立ち入り検査

被保険者(働いている人)の資格状況の確認

認定されれば加入手続き

となっています。

事業主はこの一連の取り組みに対して拒否はできないとのこと。
受忍義務と言ってこれを拒んだり虚偽の陳述などをすると
6か月以下の懲役または50万円以下の罰金となるという厳しい法律があるようです。

対象となる事業所で
厚生年金に加入したくでもできなかった従業員ならば
この取り組みで、光明の兆しを感じることができるかもしれません。