厚生年金保険料はいつまで払うのか

厚生年金は国民年金保険に上乗せで準備する
国の年金制度です。

国民年金の上に加わる年金は

年金を受け取るまでにもらっているお給料によって
年金額が違います。

たくさんお給料をもらっていれば
それに応じて厚生年金保険料が高くなり、

それによって
受け取る年金額にも差が出てくるわけです。

厚生年金を納める事業所で常時働いている状況の人は
70歳未満まで厚生年金を払う立場になります。

70歳以上でも働いていたら被保険者とはならないので
厚生年金保険料は払う必要がありません。

ということは、事業主も払う必要がないわけです。