イデコを始めよう(9)どんな商品があるの

ベターライフスクエアでは
<個人のためのねんきん作り>をサポートすることで
将来の漠然としていたお金の不安を軽減しています。

個人型、企業型を問わず
確定拠出年金という制度は

1つの商品ではありません。

確定拠出年金を始めたいと思った
Oさん。

ベターライフスクエアに訪ねてこられました。
マネコさん(以下Mとします)が相談をお受けします。

(マネコさんは当事務所のキャラクターです)

※いつもの相談よりカジュアルにしています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

O「これ(確定拠出年金)はじめたいんです」

M「あーそうなんですね。じゃあどの商品にお金を出します?」

O「え?確定拠出年金にお願いします」

M「確定拠出年金は個人年金保険とは違うんだよ」

O「え????どういうこと?」

M「個人年金保険だと、

<毎月1万円払っていくから
65歳から10年間40万ずつ年金が受け取れます>

って言えるけれど
確定拠出年金は

<毎月1万円払っていったとしても、いくら年金が受け取れるかは決まってない>

んだよ」

O「決めてくれないの?」

M「そうだよ。自分でどの商品にお金を出すか考えないといけないんだよ」

O「どんな商品があるの?」

M「個人型の確定拠出年金なら
ベターライフスクエアで紹介する場合は
こういう商品があるよ。」

元本確保型商品

・定期預金(1年・3年・5年)

元本変動型商品

○投資信託のパッシブ型

・国内株式
・国内債券
・外国株式
・外国債券
・外国不動産投信

○投資信託のアクティブ型

・国内と外国の商品で、資産内容の割合が決められた商品
・国内株式
・外国株式
・国内と外国の株式に投資する商品
・国内と外国の債券に投資する商品

O「聞いたことがないカタカナの名前がいっぱいあるね」

M「パッシブ型っていうのはインデックスファンドのような市場平均(ベンチマーク)と同じような
資産運用をするもので、手数料は低めだよ。」

O「パッシブはあんまりコストがかかっていないんだね」

M「アクティブ型っていうのは
ファンドマネージャーが投資先を調査したりして
平均市場(ベンチマーク)以上に運用ができるよう、手間をかけているもので
手数料は高めだよ。」

O「アクティブは人件費がかかっているんだね。
結果が出たかどうかもちゃんと自分で確認しないともったいないね」

M「最初は元本確保型の定期預金から始めて
他の商品の勉強をしてみるというのもいいかもね」

O「ふーん。そうだね」

M「あとからお金を出す商品を変えることもできるからね」

O「えーそうなんだ。」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

パンフレットはベターライフスクエアの1階に置いています。
事務所の場所が分からない方は無料でお送りしますので
いつでもお問い合わせください。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文(必須)

ご確認いただきましたら送信をお願いします。