イデコを始めよう(1) 初めから資産運用?と思わなくて大丈夫

ベターライフスクエアでは
<個人のためのねんきん作り>をサポートすることで
将来の漠然としていたお金の不安を軽減しています。

来年、2017年1月から
個人型確定拠出年金の加入対象者が広がります。

・企業年金に加入しているけれど、
会社で別に個人型確定拠出年金に入ってもいいですよという状態の人

・公務員や私学共済の人

・第3号といわれる専業主婦の人

ここまで加入対象者が広がります。

これによって
20歳から、または会社員になった人であれば

個人型の確定拠出年金に
全員が加入できるようになります。

掛け金は何万円も!と
大きく考える必要はありません。

5000円からスタート、1000円単位でできます。

確定拠出年金を始めるということは、
自分のためのねんきん作りとして

お金を働かせる=資産運用をする機会を得る

ことになります。

もちろんこの制度の中には

定期預金のような元本確保型商品は含まれているので、

「最初から資産運用をしなくてはならない」と
気構える必要はありません。

ただし、確定拠出年金には口座管理手数料があります。

定期預金だけに長期間預けていると
利息よりも手数料のほうが多くなってしまうこともあるかもしれません。

ただし、確定拠出年金を始めたことで
掛け金は全額所得税がかからないお金となります。
つまり、節税メリットがあります。

徐々に学び、お金が増えたり減ったりするリスクの経験を積みながら
投資性のある商品に向けて
確定拠出年金の掛け金を動かしていくのが理想的です。