ねんきん定期便の見込額について(50歳以上の場合)

ベターライフスクエアでは、あなたの年金額に応じて
それぞれに合った解決方法をご紹介しています。

50歳以上の人に対しての注意点です。
ねんきん定期便を見てみましょう。

「年金見込額」という欄があるのですが
あなたの場合、その欄は何も書かれていませんか?

空欄の人は定期便が作られた時点で
300か月、25年に満たない状況になっています。

加入期間が証明できるものをもって
年金事務所に行き、年金機構で管理されていない期間を含めた試算をしてもらいましょう。

空欄になっている理由には

・共済期間がある
・被保険者期間が違っている
・加入期間が足りない

などが考えられます。

共済年金に加入していたならば
共済組合が発行した
年金加入期間確認通知書を持っていきます。

加入期間が足りない場合は

納付できたはずなのに未納になっていた期間がないか、
もしないとしたら、今後加入できる資格があるかどうかの確認をします。

被保険者期間が間違っているならば
証明できる内容(勤務履歴、勤務先、勤務先の住所などを確認)を持参して、訂正をしてもらいます。

老齢基礎年金といわれる1階部分の年金は

保険料納付月数、保険料免除月数、合算対象期間を合計して300か月(25年)

に満たなければ
受け取ることができない制度です。

もし空欄になっていたら注意してください。