厚生年金保険料の決まり方

将来のお金を備えるうえで、
国の社会保険制度に払っている
自分のお金を知ることは大切ですね。

厚生年金保険料は
どのように決まっているのでしょうか。

実は今、この時期の給料から「定時決定」という方法で保険料が決まります

4月から6月までの働いて受けた報酬の平均となる
「標準報酬月額」。

この金額を決められた計算方法で平均します。

この結果出たものを報酬月額として、標準報酬を決めます。

そして、

9月から来年8月まで

の標準報酬として1年間使います。

標準報酬には

<いくら円以上からいくら円未満>という範囲で等級が割り振られています。

標準報酬は決められた計算方法が分かれば
4月から6月の給与明細から割り出せるので
等級まで絞れると思います。

厚生年金保険料には
1等級から30等級まであり

1等級の方が標準報酬月額は少なくなります。
1等級の報酬月額の範囲は、10万1000円未満です。
2等級は報酬月額の範囲は10万1000円以上から10万7000円未満までとなっています。

30等級は報酬月額は60万5000円以上となっています。

実際の保険料はというと

事業主が折半するので

本人が払う分だけ紹介すると
(事業主が給与から天引きしてくれる場合の端数処理で)

1等級は8736円。

2等級は9271円。





30等級は55267円。

30等級の人は会社の方で5万円以上も毎月、
あなたのために納めてくれているのですね。

このように、厚生年金保険料は
基本は「定時決定」として
4月から6月の分を9月からの保険料に反映させていくとわかりました。

残業などでこの期間、多くを費やした人は報酬が上がり
保険料が上がっているかもしれません。

給与明細を見て、確認してみましょう。