共済年金と厚生年金同時にすべきこと

共済年金の加入期間があり
一元化されて厚生年金被保険者となった人が
気を付けることがあります。

それは手続きを同時に行うものがあるということです。
(時期によりより良い方向へ改正している場合もあるので必ず確認をしてください)

・年金の振込先

共済の頃のものと厚生年金のものがあります。
振込先として書く箇所がひとつしかありません。

2つの口座にしたい場合は
手続き先となる日本年金機構等に伝えれば対応できます。

・老齢厚生年金の繰り上げや繰り下げ
・離婚分割による請求書
・被保険者の死亡による遺族年金給付
・年金請求書の扶養親族等申告書

これらは一元化で厚生年金となったものと
共済年金であった頃のもの
同時に進めていきます。

一元化後に年金請求書が1通で済む
対象者(直近で年金支給開始に到達する人)などもいるようです。
このように、細かな手続きがあるため
個別に共済組合や日本年金機構に確認された方がいいでしょう。