定期預金キャンペーンの謎

こんにちは 今日は定期預金のキャンペーンチラシを見せていただいたので
それを使って謎解きをしたいと思います。

定期預金の金利が6パーセントとなっていたら
あなたはどう思いますか?

「ありえない」
「それに預けたい」
「いくらからなんだろう」

という気持ちがあるのかなと思います。

さて、これには3つの謎ときがあります。

1:預入期間の謎

金利は年で書かれています。でも実際には3か月だけこの金利になっていることが多いです。
3か月を過ぎれば概ね普通の定期預金金利に戻ります。

6パーセントの場合1年間の預け入れができたらの話ですが
今回は3か月なので4分の1です。(ここでは税金のことなどは省きますね)

そうすると6パーセント×4分の1=1.5パーセントです。

「1.5パーセントか。今の預金金利より高いな」

そんな風に思った人もいるかもしれませんね。

でもこれは3か月だけです。

2:セット商品の名前の謎

このようなチラシには、定期預金に加えて
「これも購入してください。そうしたら年6パーセントなんです」
と書かれています。

この「これも購入してください」の商品が2つめの謎です。

概ね投資信託の購入がセットになっています。

そしてこの投資信託、
名前すら聞いたことがない人が一緒に買ってしまうこともあります。

投資信託は様々なタイプがあります。

投資となっているので何かに「預ける」のではなく「投資する」わけなのですが
今まで定期預金や保険商品にしか触れてこなかった方には

・毎月もらえます

という言葉を
定期預金の金利感覚で取り入れてしまうようです。

これは投資型の保険商品でもいえることです。

ここでいう毎月もらえますは「分配金」のことになります。

分配金は利息ではありません。

それでも投資信託でいいというならば、
せめて、今回の定期預金を買う場合選ばなければならない投資信託の商品紹介をパンフレットを
ベターライフスクエアにお持ちください。

それぞれの特長などはお伝え出来ると思います。

3:あなたはどうなるの?の謎

定期預金金利がよく見えたとしても、
その利息のほしさと引き換えに購入した投資信託は増えるのでしょうか。

そういうものを選んでいけるのでしょうか。
また、対象となる投資信託を持ち続けたとして、今後手数料が毎年いくらかかるのでしょう。

ここまでお読みいただいて、あなたはどうでしょう。
謎は深まるばかりでしょうか。

当事務所では特定商品の推奨は行っていない代わりに
よくわからないお金の言葉などをその人に合わせてお伝えする翻訳家のようなことを行っています。

お困りの時はいつでもお声掛けください。

なんでもマネー相談はこちらからご予約できます。