新春セミナーを開催しました&雑感

八王子で65歳から先のねんきんづくりをサポートしている
対話型FP、ベターライフスクエアです。

1月5日に新春セミナーとして相続をメインとしたセミナーを開催しました。

その時に思ったことを書こうと思います。

相続は意外に面倒である

もともと周りに亡くなった方がいていろいろな手続きをした経験がある人は
ご存知のことだと思いますが

全く関わったことのない世代がここから増えていきます。

65歳以上の人は2040年に人口全体の35.3パーセントになります。
2040年というと、、、私も入っていますね(悲)。

これから20年ほどの間で
相続になったら何をしたらいいか?を知らない世代が増えてくるわけです。

この「どうしたらいいかわからない!」をサポートするのもベターライフスクエアの役目です。もし分からないことがあったらご相談くださいね。

写真はセミナーの様子になります。

今回は私と弁護士の小渕先生の2部構成でお話しさせていただきました。

状況に応じて変わる法律

「社会の変化に合わせて相続の法律も変わるんだな」と思っていただけた方もいました。

今回は

・配偶者の居住に関する権利
・自筆証書遺言について
・亡くなった方の口座から預貯金を引き出す権利

など盛りだくさんにお話をしていただきました。

私も皆さんと一緒に確認できたので良かったです。

ファイナンシャル・プランナーは多面的である

ファイナンシャル・プランナーは様々な生活のリスクや生活設計のサポートを通じて
個人個人で全く違う人生の夢や希望を実現する業務ができます。

専門家との連携は必須だと思います。

でも、一般の方はなかなか専門家の方と接する機会が少ないのも事実。

そう思うと、

1年に1回は
専門家の方を交えてセミナーができればいいなと思いました。

ご参加いただいた皆さま、ありがとうございました。