火災保険がなくなるとき

火災保険は、契約をし続けていれば補償されるのでしょうか。

実はそうとも言えないのです。

火災保険に加入している建物が火災で全焼しました。

そして、保険金が支払われました。

これによって補償された金額全額、
(損保会社によって80パーセントまでなどあるようですが)
支払われた場合

契約は終了となります。

しかし、もし契約が終了となる補償額まで支払われず、
一部だけの補償額となれば
次に火災があっても再び補償されます。
前回支払われなかったように最大全保険金額まで補償されるのです。

これは

「保険金額自動復元方式」

といわれます。

なお、火災保険を過去に使っているのだから
同じ建物に対して同じ価値で補償するのはどうかという考えもあり
その場合は

「残存保険金額方式」

となります。

家財の火災保険は「保険金額自動復元方式」が
主になっている
ようです。

あなたの火災保険はどのタイプでしょう?