家を買いたい~このトークには気をつけよう(2)

実は営業マンからの素敵な話は

家を買う立場でなければ冷静に判断できるので
残念な結果にならずにすみます。

結局よくわからない、と言われるものとして
以下のトークがあります。

「自己資金がなくても買えますよ」

数百万の家であれば
お金がなくてローンとなっても返せそうですが

一般的に住宅ローンは数千万円のものになります。

今は住宅ローンは「固定金利35年」であっても
100パーセントローンで資金をまかなうのが可能な時代です。

「固定金利35年か~、じゃあ安心だな」と思ったり
「退職金で払えばいいか」と思わずに

フルローンになった場合の
資金返済の心配をしたいところです。

もともと今までの生活の中で貯金があまりない人は
家を買う選択をしない方がいいと思います。

<住宅ローン控除でお金が戻るから>というのも
実際に控除される金額すらわからない状況で
決めてしまうには怖い方法です。

営業マンはあなたの返済がどうなるかの心配はしていません。
営業マンはj「この人はローンが借りられるかどうか」
「契約になるか」を考えています。

返せるかどうかは
あなたしかわからないことです。

コメントの入力は終了しました。