贈与として親から住宅資金をうけとる

家を買うときに資金を援助してもらう場合
暦年課税という制度もあります。

これは住宅資金に限ったことではありませんが
贈与税の場合
1年ごとに110万円まで非課税
という制度
です。

毎年110万円ずつあげてもいいってことだよね
と思われる人がいますが・・・
それは間違いだそうですよ。

詳しくは税金の専門家に聞いてみるといいと思います。

平成27年からは贈与税について
税率が2つに分かれました

特例贈与財産用
一般贈与財産用
   の2つです。

特定贈与財産の税率が使えるのは

直系尊属(父母 祖父母)から
直系卑属に対する
贈与の場合になります。

直系卑属は20歳以上の要件が付いています。
一般贈与財産の税率はそれ以外の人です。

例えば

夫婦間であったり
兄弟間であったり
子どもがまだ未成年であったり
孫がまだ未成年であったりという時に使われるものです。

暦年課税だけを選択し、
非課税額となる110万円を超えたときには
確定申告
をする必要があります。