住宅ローン控除が受けられる家とは

家を買った後に
後悔してもしきれないことがあります。

それは

住宅ローン控除にあてはまる
住まいかどうか
ということです。

住宅ローン控除は

会社員の場合

収入-所得控除など=所得となり、
計算の結果生じた所得税、住民税について

税金を戻してくれる制度です。

住まいの条件として

一般的な住宅では

・住宅を新築する場合 
床面積50㎡以上

・新築住宅を取得する場合 
床面積50㎡以上

・中古住宅を取得する場合 
床面積50㎡以上かつ、築20年以内であること。
床面積50㎡以上かつ、築20年以内にあてはまらないならば、
定められた耐震基準をクリアしていること。

・リフォームなどの増改築の場合
床面積50㎡以上

となります。

特にマンションの場合「床面積」を
よく確認しましょう。

マンションの面積の考え方は

2通りあります。

壁芯面積は外壁や柱で囲まれたの中心線でみるものです。

もうひとつは
内法(うちのり)面積といって壁の内側ではかります。

チラシなどには壁芯面積で書かれていますが
登記をする面積は内法面積なので小さくなります。

住宅ローン控除の要件は「登記」の面積でみるので
チラシの金額よりも少なくなってしまいます。

チラシの面積がギリギリ50㎡以上という床面積のマンションは
要件を忘れすに登記上の面積を確認するようにしましょう。

後から知っては取り返しがつきません。