新築の場合~住宅ローンで必ずかかるお金

家を買うのは一大イベントですよね。

家を見つけて、
住宅ローンの契約をして、
お金を払って、
引っ越しして・・・

新築のマンションで1年後に完成!
ということでない限り、あっという間です。

どんな人でもかかるお金はいくつかあります。

一般的には

新築なら
価格の5パーセント>程度は準備しようと言われています。

6000万円の新築物件なら
300万円

という感じですね。

具体的に紹介していきます。

・登記手数料
住宅登記の手続きをする司法書士に支払うお金です。

・登録免許税
新築の場合「登録」があります。
建物を登記する時にかかるお金です。

・不動産取得税
取得時に発生するお金です。

・ローン保証料
払い方も一括前払い型、利息込み型で選択できます。

・団体信用生命保険料
団体信用生命保険料は銀行側で負担しますが
追加して特定疾病保障付住宅ローンにした場合
別途お金がかかるか利息組込になります。

・印紙税
契約書を作成した時に添付する印紙のお金です。

・火災保険料
家を買った時に建物に掛ける保険のお金です。
地震保険や建物以外の家財に掛けるものもあります。

・ローン事務手数料
銀行で融資を受けるときに銀行に払うお金です。

・修繕積立基金への支払い
新築マンションの場合基金があります。
東京周辺は40万円程度が平均のようです。

・仲介手数料
新築一戸建ての場合で、
売買代金×3.24パーセント+6万4800円が上限です。